便秘にはオリゴ糖が人気

お腹

妊娠中も安全に使える

待望の赤ちゃんを宿した妊婦さんの3人に1人が経験するといわれる頑固な便秘。原因はストレスや水分不足、ホルモンバランスの変化などがあります。産婦人科のお医者さんに相談すると下剤を出してもらえますが、それに頼るのは抵抗がある妊婦さんも少なくありません。このような場合、薬を使わない便秘解消法としてオリゴ糖が人気です。オリゴ糖は糖の一種で、腸内のビフィズス菌を増やす役割があります。ビフィズス菌が増えると便の水分量が増え腸の動きが良くなります。また、胎児にも影響を与えないので妊婦さんでも安心して取り組める便秘解消法です。

オリゴ糖は継続摂取が大事

妊婦さんの便秘解消に安全なオリゴ糖は日常生活でも使用することができます。普段、コーヒーを飲む時や料理をする時に砂糖を使うことが多いですが、砂糖をオリゴ糖に代えて使うのがオススメです。オリゴ糖は毎日継続して摂取することが大事です。オリゴ糖は胃や小腸で消化されず、そのままの形で大腸に運ばれビフィズス菌を増やします。このように腸内環境を整えるためには1〜2週間かかるため、できるだけ長期的な継続摂取が必要です。約10ヵ月の妊婦生活を快適に送るために、オリゴ糖を使った便秘解消法を活用してみましょう。

オリゴ糖の食べ合わせ

オリゴ糖は腸内におけるビフィズス菌という善玉菌を増やしてくれます。そのため、オリゴ糖と善玉菌を同時に摂取するとより大きな効果が得られます。たとえばヨーグルトにオリゴ糖をかけて食べると双方の効果を高め合って腸内環境が整います。また、オリゴ糖と食物繊維を同時に摂取すると柔らかくて大量の便が排泄でき、妊婦さんにも便秘解消効果が期待できます。食物繊維はオリゴ糖と同じようにそのままの形で大腸に達します。その後大腸で水分を吸収して膨らみ便の量を増やすのでオリゴ糖と同時に摂取することが効果的です。このような便秘解消法が妊婦さんには効果的です。